過去に延滞したことがあるともうカードローンは利用できない?

カードローン審査では、信用情報の照会を必ず行います。そこで重要視される項目の一つが、事故情報です。事故情報というのは、信用情報に「異動」というデータが載ってしまうことで、これがついてしまうような延滞というのは、「61日以上または3ヶ月以上の支払いの延滞」の場合です。

 

異動がついてしまいますと、カードローン審査に通るのが難しくなってしまいます。それは、カードローン審査において、最も重視されるのが「貸したお金をしっかりと返してくれる人物かどうか?」という点だからです。カードローンは基本的に、無担保・保証人なしで個人の信用をもとにお金を貸す金融サービスです。過去に延滞の履歴がありますと、お金に関する信用がないひとと判断されてしまいますから、当然、審査に通るのが難しいのです。

 

では、過去にカードローンで延滞をしてしまった場合、もう今後カードローンを利用することはできないのでしょうか?実は信用情報は、永久的に保有されるものではありません。保有期間が過ぎますと事故情報も消えてしまいますので、そうなったら審査に通る可能性も普通になり、お金を借りることもできるようになります。

 

信用情報の保有期間は、延滞情報の場合CICでは5年間となっています。この保有期間は、延滞や代位弁済、自己破産など事故の種類と、また個人信用情報機関によっても異なります。もしも過去に延滞をしたことがあり、保有期間が過ぎたがどうかわからない、自分の信用情報を確認したいというのでしたら、信用情報機関に開示請求を行いましょう。

 

開示請求の手続き方法は、各信用情報機関ごとで異なります。インターネットで請求できるところもありますので、気になる方は個人信用情報機関の公式ホームページかまたは電話で問い合わせてみるといいでしょう。

 

【開示請求方法】

 

株式会社CIC

・インターネット、郵送、窓口から開示手続き可能
・郵送なら必要書類がCICに到着後10日ほどで開示結果の郵送、それ以外は即日
・インターネットと郵送は1,000円、窓口は500円

 

全国銀行個人信用情報センター

・郵送による申込のみ受付
・申込書類郵送後、1週間から10日ほどで開示結果の到着
・1,000円

 

日本信用情報機構

・スマートフォン、郵送、窓口から開示手続き可能
・郵送なら申込書類送付後1週間から10日ほどで開示結果の到着、それ以外は即日
・スマートフォンと郵送は1,000円、窓口は500円