どうやって行われる?カードローンの在籍確認内容

カードローン審査では、必ず在籍確認が行われます。在籍確認は一般的に、申告した勤務先にカードローン会社が電話をかけてくる形で行われるといいますが、実際にはどのような感じで行われるのでしょうか?やはり、そこがわからないと漠然と不安に思ってしまいますよね。在籍確認の電話のかけ方は会社によっても異なりますが、一般的には次のようになっています。

 

【本人が電話に出た場合】

審査担当者「もしもし、私〇〇(個人名)と申しますが、△△さんはいらっしゃいますか?」
電話を取り次いだ人「はい、少々お待ちください」
本人「お電話代わりました、△△です」
審査担当者「△△▲▲(フルネーム)さんでいらっしゃいますか?」
本人「はい、そうです」

 

基本的にはこれで在籍確認はとれましたので終了です。

 

【本人が不在で他の人が電話に出た場合】

審査担当者「もしもし、私〇〇(個人名)と申しますが、△△さんはいらっしゃいますか?」
電話を取り次いだ人「申し訳ございません、△△はただいま外出しておりまして…」
審査担当者「そうですか、では携帯のほうにかけてみます」

 

この場合にも本人は不在でも、外出をしていて不在なだけということであり、会社には在籍しているということの確認はとれましたので、在籍確認は終了となります。

 

 

在籍確認は審査において必須の項目であるため避けることはできませんが、このように電話はそれとはわからないようにかかってきますし時間も非常に短時間で行われます。しかしそれでも不安、と感じる利用者もいることから、カードローン会社側では在籍確認に対してさまざまな配慮をしているようです。

 

・在籍確認の電話をかける時間を指定できる
・担当者の性別の希望がある場合には指定できる
・番号非通知で電話をかける

 

こうした配慮をしてもらえるかどうかはカードローン会社によっても違いがあるでしょうから、あらかじめ電話で確認をとっておくといいでしょう。また、もしどうしても電話での在籍確認は避けたい、というのでしたら、在籍確認を書面で行うカードローンの利用を考えたほうがいいかもしれません。モビットのWEB完結申込なら、電話連絡なし、郵送物なしでカードローンが利用できます。利用にあたっては条件もありますが、もし条件をクリアしているようでしたらこちらを検討してみましょう。