自宅に郵送物が届いたら家族にバレる?

カードローン審査申込をすることで、自宅に郵送物が届くことはあるのでしょうか?銀行カードローンであれば、「〇〇銀行」という封筒でくるでしょうからそれほど心配いらないかもしれませんが、もしも消費者金融で「アコム」や「プロミス」など誰もが知っている名前の封筒で届いてしまったら、家族にばれてしまうのでは…と心配に思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

確かに、申込をして審査に通ると、次のような郵送物が発生する可能性が出てきます。

 

・契約書類
・ローンカード
・利用明細書

 

こんなに郵送物があると、バレてしまう可能性が高いのでは…!と心配される方もいらっしゃるかもしれませんが、実は郵送物の封筒は、それとはわからないよう配慮がされているためそんなに心配しなくても大丈夫なのです。具体的に言いますと、例えばアコムの場合には「ACサービスセンター」、プロミスの場合には「事務センター」という差出人名になっています。さすがに封筒を開けられてしまいますと書類などでばれてしまいますが、開けられない限りは一見してそれとはわからないようになっているのです。

 

しかし、なかには自分宛の郵送物でも家族に開けられてしまう可能性の高い方や、とにかく心配だから郵送物をなくしたい!という方もいらっしゃるでしょう。そうした方には他にも幾つかおすすめな方法があります。

 

【WEB完結を利用する】

WEB完結の申込を利用すれば、手続きはすべてWEB上で完結します。契約はWEB上で行われますし、カードレスなのでそもそもローンカードの郵送もありません。また、モビットのWEB完結申込なら電話連絡もなしなので、勤務先への在籍確認の電話も避けることができます。(※かわりに在籍を確認できる書類の提出があります)

 

【自動契約機で契約をする】

自動契約機で契約をすれば、契約書類を受け取ることができますし、ローンカードもその場で発行が可能です。

 

【Web明細サービスを利用する】

利用明細なんていらない!と思われる方もいらっしゃると思いますが、利用内容を記した明細書を受け取ることは、法律で決められているため拒否することができません。そこで、Web明細サービスのあるカードローンを利用してはどうでしょうか。プロミスではインターネットの申込画面で、利用明細書および受け取り証書などの法律にもとづき交付する書面の受け取り方法について、「パソコンまたは携帯電話よりプロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択できるようになっています。そもそも、プロミスの30日間無利息サービスを利用する条件にもこのWeb明細が含まれているため、プロミスを利用するほとんどの方がこれを選択することになるでしょう。

 

このように、自宅への郵送物は避けることも可能です。ただし、もしもこうした対策をとっていても避けられない郵送物があります。それは督促状です。督促状の郵送を断ることはできませんし、督促状が見られてしまった場合には借金の事実だけでなく返済が滞っている事実まで発覚することになります。絶対に返済に遅れることがないよう期日どおりにしっかりと返済をしていきましょう。