他社からの借入がどのくらいあると審査に通らなくなる?

カードローン審査では、信用情報の確認を必ず行います。信用情報で重視される項目のなかには事故情報などのほか、他社借入も含まれているといいます。では、他社からの借入はどのくらいあると、審査に通らなくなるのでしょうか?

 

カードローンの審査基準というのは各カードローン会社ごとでそれぞれ異なりますし、また審査も他社借入だけで決まるものではないため一概にどのくらいならOK、というのは言えないのですが、一般的に言われているのが他社借入件数は3件まで、という目安です。他社借入件数が3社以下の場合には、まだ大手消費者金融やあるいは銀行カードローンでも比較的審査が柔軟なところであれば審査に通る可能性は残っています。

 

しかしここで注意していただきたいのが借入額です。他社借入により、すでに年収の3分の1を超えそうな場合、消費者金融では総量規制がありますから新たな借入をするのは難しいでしょう。総量規制対象外の銀行カードローンで借りるという手もありますが、すでに総量規制の範囲を超えそうなほど借入がある状態で消費者金融よりさらに審査が厳しい銀行カードローンの審査に通るかといいますと、なかなか厳しいと言わざるをえないかもしれません。

 

このように、他社借入は増えれば増えるほど他から借りるのが難しくなっていきます。いくつもの会社からお金を借りて返済が困難になっているような人を多重債務者といいますが、多重債務に陥りますと、返済のために新たな借入をするという自転車操業の状態となり、やがては返済に行き詰まります。それを何も対策をとらずに解決することは非常に困難です。

 

もしも現状、他社借入件数が多く、他からお金を借りて返済に回そうと考えているのでしたら、今やるべきは他から新たな借金をすることではありません。おまとめローンで複数ある借金を一つにまとめるか、あるいは債務整理で借金を整理するか、何かしらの対策を取る必要があります。まずは無料相談を行っているところもありますので、そうしたところで専門家に一度相談することを検討してください。