収入証明書を提出しないでお金を借りるには?

カードローン審査申込の際の必要書類は各カードローンで異なりますが、基本的に必要なのは本人確認書類です。本人確認書類として一般的なのは、運転免許証、健康保険証、パスポートなどといったものですが、一部の消費者金融では「運転免許証がある場合には運転免許証を提出」となっています。

 

その他に必要な書類として収入証明書類がありますが、こちらは必ず提出しなければならないものではなく、借入額の大きさによって提出する必要が出てきます。収入証明書類は各カードローンごとで多少の違いはあるものの、一般的に、下記のようなものが挙げられます。

 

・源泉徴収票
・確定申告書
・所得証明書
・市民税、県民税決定通知書
・課税証明書
・給与明細書(1ヶ月分や1年分の賞与明細書など)

 

ここで注意していただきたいのが、収入証明書類は比較的用意する手間がかかるものが多い、という点です。例えば本人確認書類だけでいいのでしたら、お財布のなかに運転免許証が入っていれば、それだけでお金を借りることができます。しかし、収入証明書類が必要となりますと、普段から源泉徴収票や給与明細が財布やかばんのなかに入っているでしょうか?そんな人はあまりいないと思います。計画的に何日か前から借入の準備をしているのでしたらいいのですが、もし今日緊急でお金を借りたい!というときには収入証明書類はなかなか用意できないものだと思います。

 

では、収入証明書類を提出しないでお金を借りるにはどうしたらいいのでしょうか?実は、消費者金融など貸金業社の場合には、収入証明書の提出する条件があらかじめ法的に決まっています。

 

・自社からの借入残高が50万円を超える貸付け
・総借入残高が100万円を超える貸付け

 

つまり、他の貸金業社からの借入を合わせて100万円を超えない、50万円以下の借入であれば、消費者金融でお金を借りる場合、収入証明書類の提出が必要ないのです。

 

では銀行カードローンの場合にはどうか?といいますと、銀行カードローンの場合には貸金業者にあたりませんので法的なこうした制限はつかないのですが、各銀行ごとにそれぞれ提出不要の条件を定めています。例えば、オリックス銀行カードローンは300万円まで収入証明書類の提出は不要となっています。もしもある程度まとまった額の借入で収入証明書を提出しないでお金を借りたい、というのであれば、銀行カードローンを検討してみたほうがいいかもしれませんね。