無職でも審査に通るカードローンは?

無職でも審査に通るカードローンというのは、あるのでしょうか?基本的に、カードローンの利用条件は、「安定した一定の収入があること」です。無職となりますと、これに該当していませんのでまず審査に通るのは難しいと思っておいていいでしょう。

 

そもそも消費者金融やクレジットカードのキャッシングなど貸金業者からの借入は、総量規制で指定信用情報機関の信用情報を利用した返済能力調査が義務付けられています。そして、総借入残高が年収の3分の1を超える貸付けなどといった返済能力を超えた貸付けは法的に禁止されています。つまり貸金業者の場合には、法的に考えても無職の方がお金を借りるというのは難しいのです。

 

しかしながら自分自身は無職の方でも、審査に通る可能性のある方がいます。それは、専業主婦の方です。専業主婦は自分自身には収入はありませんが、配偶者に収入があれば一部の銀行カードローンでは専業主婦でも借入が可能となっています。

 

ですが専業主婦というわけではなく無職の方がもしカードローンの審査に通りたいというのであれば、もう最終手段としておすすめできるのは「就職すること」です。お金を借りるために就職するというのは少々変な話ではありますが、もし自分が人にお金を貸すとして、無職で全く働いていない人からお金を貸してと言われるのと、アルバイトでお金を返すあてのある人からお金を貸してと言われるの、どちらのほうがきちんとお金を返してもらえそうかといわれれば、迷うことなく後者ですよね。金融機関も、お金を返すあてのない人にお金を貸すようなリスクは負いません。

 

アルバイトやパート、派遣でもよいですので、安定した定期収入が得られる仕事をしましょう。カードローンの審査に通るためには最低でも半年程度の勤続年数が必要となります。先をみて、もし今後まとまったお金が必要になりそうだと思うのであれば、早めに動いておくことも必要です。