学生でも審査に通るカードローンは?

多くのカードローンの利用条件というのは、

 

・安定した一定の収入があること
・年齢が20歳?69歳(上限は各カードローンで差がある)

 

といったものなので、学生でも20歳以上でアルバイトなどで毎月安定した収入がある方でしたら、審査に通る可能性は十分にあります。

 

とはいえ、学生アルバイトの収入は社会人のそれと比べてしまいますと少ないです。定職というわけでもありませんからどうしても返済能力は低めに判断されてしまいます。また、学生の場合、クレジットカードを持っていないなどこれまで信用取引の実績が何もないため信用情報が真っ白の方が多いです。そのため審査において信用度の判断がしにくいなどといったことも、学生がカードローン審査を通りにくい理由となっています。

 

では学生が審査に通るためにはどうしたらいいのでしょうか。まずできることとして、以下のことを試してみましょう。

 

【安定収入の確保】

収入の安定性は職種や年収、勤続年数などさまざまな点から判断されますが、学生の場合、アルバイトですので職種などはどうにもすることができません。そこで毎月一定の収入を確保し続けていることや、同じバイト先に長く勤めていることなどが収入の安定性の評価につながります。例えば同じアルバイトで同じ金額を稼いでいたとしても、イベントなどの短期バイトで5万円稼いでいるのと毎週3日シフトに入って月に5万円稼ぐの、どちらが安定収入かと言われれば、それは後者になります。また勤続年数は1年以上だと望ましいですが、最低でも半年以上は必要です。もしまだ半年たっていない、というのでしたら審査に落ちてしまう可能性が高いので、半年以上たってから申込をするほうがいいでしょう。

 

【学生専用ローンの利用】

学生がお金を借りるにあたって、プロミスやアコムといった一般の消費者金融のほかに、学生専用のローン会社を利用するという手もあります。学生ローンの審査は、一般の消費者金融や銀行カードローンなど社会人をターゲットとしているローンと比べますと、学生専用ということもあり安定収入の基準が低めというのが特徴です。一般のカードローンのような利便性はなく、限度額も最高50万円など比較的小口の融資が基本ではありますが、学生ですしむしろ借りすぎることのない限度額・便利すぎない仕組みはメリットと言えるかもしれません。